他の業者と違うところ|評判の良いエコプロコートや良心的な業者に玄関ドアリフォームをお願いしよう|住宅改善gogo

数年後に発生する症状

フロアコーティングをした後に発生する塗料の剥がれや白く浮き出たようになる白華、黄色く変色する黄変などが見受けられます。評判が良い業者なら、数年後も無償で塗り直しをしてくれるでしょう。

発生率が高いトラブル

no.1

埃や小さいゴミの侵入

確かに施工前よりも格段に綺麗だけどよくみたらコーティングされたところにゴミが入り込んでいる何てこともあります。これはよくある失敗事例の一つで、施工に使うモップにゴミがついていた可能性が有力です。エコプロコートは、床がキレイな状態になっているか、逐一チェックし、また作業用のモップも埃やゴミの付着がないものを用意します。そのため、事例のような仕上がりになるのを防ぐことができるのです。

no.2

状況によっては深刻?

次に多いのが密着不良によるトラブルです。原因としては、作業前に行なうワックスを使った洗浄です。これがしっかり除去されていないと、床とフロアコーティングの密着が上手く出来なくなります。評判が高いエコプロコートなら、密着できない状況を作らないよう細心の注意を払いながら作業をするので、密着不良による施工のやり直しはありません。

no.3

塗料の生乾きが原因のトラブル

乾燥をきちんと行なわないと、べたべたした状態になり汚れが付着しやすくなります。部分的なものもあれば、全体的に生乾き状態ということもあります。様々な原因がありますが、最も多いのは環境によるもの、塗料自体に問題がある、湿気の影響で硬化できなかったなどが挙げられます。ちなみにエコプロコートは、専用の機材を使った硬化なのでそのような心配は無用です。

no.4

ムラがあって美しくない

施工技術が元々ない業者だと、安い上に作業の質が落ちるのでムラが出てしまい、見た目が悪くなることがあります。原因は施工主の経験不足なので、フロアコーティング業者を選定する際は、10年以上の実績と経験があるエコプロコートのような会社に依頼することが重要です。

no.5

異臭に関するトラブル

集合住宅で施工を行なう際は、必ず近隣住民にその旨を伝える義務があります。この取り組みは、エコプロコートでも行なっていますが、それができないような業者は評判を落とすだけでしょう。しっかりした専門業者は、工事の詳しい説明を必ず行うよう徹底しています。

他の業者と違うところ

刷毛

業者が開発した独自の機材を使用

太陽の熱を利用して塗料を乾かす方法というものがありますが、エコプロコートは独自で開発したフロアコーティングだけの専用機材ですべての塗料を速攻で乾かします。一方、市販されているモップでワックスがけを行い、樹脂もホームセンターで販売されているものを使用する業者も中にはいます。ちなみに、エコプロコートの場合樹脂も研究を重ねてできたものなので、市販品とはわけが違います。

耐久性の違い

エコプロコートの評判を上げた一つの理由は、塗料の品質管理を徹底していることです。この部分が緩いと、施工後のトラブルに繋がる可能性が高くなるため、エコプロコートに設置された品質管理部門にて塗料の品質をチェックを欠かさずおこないます。そのため若干価格が高く設定されているのです。また担当者が実際に現場へ足をのばしフロアコーティングの仕上がりを細かく見ることも忘れません。

広告募集中